でいりーじょぶ
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
韓国競馬におけるレーティング導入に関してのネタ
韓国馬事会の関連団体のサイトをつらつらと眺めていたら、レーティングの導入についての文書があったので、訳してみますた。たぶん合っているはず(^_^;)


レーティングシステムの定義と目的

レーティングは、競走馬の能力を1~140まで分類して、能力が優れた馬であればあるほど高い数値を与えることで、競走の推理力と迫力感を高め、公正競馬を実現します。
(導入時期と場所:2月6日~ソウル、釜山慶南)

Q:レーティングの付与方法は?
レーティングは、競走記録および着順、着差、格付け、性・年齢、適性距離などを土台にして、競走馬の能力を評価して付与していきます。

Q:競走の編成方法は?
レーティングが同じぐらいで、競走能力が類似している馬たちが一緒に出走するように編成して、迫力がみなぎる競走をできるようにします。

Q:導入理由は?
●同じような能力の競走馬同士で競走を編成することで、競馬の質が高まります。
●レーティングに従ってのハンデキャップ競走の施行で入賞機会を均等化して、関係者たちの参加意思を拡大。最善を尽くさせていくことで、公正競馬の施行が可能になります。
●レーティングの指数で出走馬の能力指数を簡単に比較することで、競馬ファンたちの推理力が高まります。

Q:レーティングシステムは、国際標準ですか?
競馬先進国(英国、フランス、ドイツなど)の70%以上が運用しているグローバルスタンダードで、韓国競馬をグローバルスポーツで跳躍させるための制度です。

>>>
というわけで、たいしたことは書かれていないのだけれど、理念としてはこんなところでしょうなあ。競馬先進国にドイツが入っているのは、さすがドイツ好きのお国柄(笑)

焦点は、そのレーティングが正当な数値なのかというところなのだけれど、そこはまあブラックボックスなんで……f(^_^;)テヘッ(韓国でも「テヘッ」は「데헷」(←発音は同じ)で使われている表現←日本語由来と思われ)
という感じかなあ。
といっても、どこの競馬でも走るのは生き物なんだから、指数と同じだけのパフォーマンスをいつも見せられるわけではないわけで。レーティングの数値が独り歩きしないように願いたいものです☆

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Re: タイトルなし
競馬をやる人はやるし、やらない人はやらない、というのは日本と同じですが(^_^;)
ソウル競馬場は日曜日だとおよそ2万人が入ります。1日の売り上げは日本円換算で50億円前後ですね。

ただ、3~4年前は3万人ぐらい入っていたので、ちょっと下がり気味といえるかも。それでも売上はほとんど変わらない感じです。

実際、一般民衆における競馬参加率&興味持っている率は、JRAに比べれば1/10ぐらいかもしれません。
国民性もありますし、地上波で放映されない、大新聞で取り上げられない……という状況でもあるので。

ただ、パチンコがない国なので、しかしすぐ熱くなる国民性でもあるので(笑)、リピート率はかなり高いような感じがあります。

この辺のギャンブル事情は、いずれまとめてみようと思います。
2015/03/02(月) 21:01:41 | URL | polestar #JOOJeKY6[ 編集]
韓国の競馬人気ってのはどの程度のものなんでしょうか?
日本でいう競艇?競輪?
日本ほど競馬人気はないそうですが
2015/03/02(月) 07:32:07 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.