でいりーじょぶ
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
3月15日のソウル&釜山競馬
3月15日(日)のソウル競馬は全10R。
メインは第9Rのソウル馬主協会杯(G3)。ということで、今年になって初のグレードレースということになりますな。
条件は国産馬限定で1200m戦。
単勝1番人気に支持されたのは、ハマル(タツノオトシゴのこと)。
5群(現5級)から6連勝で2級戦まで勝ち、前走は1800mの1級戦で3着。距離短縮はプラスと見られたのかもしれないけれど、ちょっと冷静に見るとこの条件替わりは微妙な気が……

というのが正解だったのかはわからんけれど、中団追走のまま見せ場なく9着。勝ったのは6番人気のナムヘデワン(南の海の大王=カメハメハか?)。1800mで3戦連続連対で、このレースが距離短縮。しかも過去に1200m以下で勝ったことがないという……。しかしレーティングは115でメンバー中で2位。潜在能力は認められていたということかしら。
後方一気の差し切り勝ちで、上がり3Fは36秒7で、1位タイ。
2着のカンヘは前走も1200mの世界日報杯で2着。短距離タイプでもなかなかその路線に専業させてもらえない傾向があるけれど、8月末のアジアチャレンジカップを狙ってほしいな~

同日開催の釜山競馬は通常営業の全6R。
メインは最終第6Rの1級戦(1600m)。勝ったのは2番人気のスプリングナリだったのだけれど、2着に入ったのが小山騎手騎乗のスティンレイ(8番人気)。いやぁ、小山騎手ってまだ2勝しかしていないけれど、2着と3着がふたケタですわ。しかも、大半が人気薄での上位入線。やっぱ、小回りの競馬場で腕を上げてきた騎手って、やっぱり巧いんだなあって思いますわ。福山出身騎手の多くが各地でリーディング上位に入っているのも、まさにそれだと思うし。
フラットでカーブがゆるい競馬場ばかりでは、うまくなる騎手も限られるような気がしますわ……
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.