でいりーじょぶ
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
3月27~29日の韓国競馬
毎年、この時期は業務満載なので、更新が滞りぎみ。昨年はたしか、1ヶ月まるまる放置したし。持久力もやや落ちている感じがあるので、質のいい睡眠をとらないとなあ~。

とまあ、それはおいといて、3月28日(土)のソウル競馬は全14R。
メインの第13Rは1級の1800m12頭立てで、内訳は韓国産馬5頭+アメリカ産馬7頭。
勝ったのはレーティング2番手で単勝1番人気のクリーンアップチョナ(牡4・父エルコレドール・57.5kg)で、これで1級戦を3連勝。
レーティングトップは60kgのトプウィン(意味としては、タフウィン)。重賞勝ちがあって1級を連勝中という実力馬だけれど、8着という結果でした。
60kgで走るのはさすがに厳しいのだろうなあ。ヒラの1級戦を減らして、もう1ランク上のレースを増やすほうがよいのでしょうなあ。JRAや南関東的な感じで。

ちなみに2着は韓国産のカンジャ(強者)。51.5kgで9番人気というわけで、馬連は万馬券。3着も8番人気馬で3連複は762倍……。最近、ちょっと荒れてますよ。これじゃあ客が離れるよ……。

でもあたしゃ馬券が当たって税金を払ったことがないので、ビッグな馬券を当ててみたい=荒れるレースを当ててみたいという欲求はありますが(*^^*)

※韓国競馬は万馬券を当てると、所得税+住民税+その他の税金=払い戻し時に22%ほど天引きされます\(^o^)/

11Rの国産3級戦では、前走でグレード外重賞のスポーツソウル杯を勝ったメニーマネーが勝利。てか、まだ3級戦に出られたんかい?
というわけで断然人気馬が勝って、2着3着も人気通りの入線で、3連複は3.9倍。こういう結果には安心感が伴いますな(笑)

3月29日(日)のソウルは全10R。メインの9RはG3の京畿道知事杯(国産・牝馬限定・2000m)。
別定戦ならレーティングの数字が大きいほうがええやんというそのままの結果で、1着は断然人気のチョンニョンドンアン(千年の間)。グレード外重賞の東亜日報杯に続いての重賞連勝となりました。
2着は2番人気のピノノア(日本風に書くとピノノワール)で、3着は4番人気のウアドンソン。勝ち馬は中団から徐々に進出して差し切って、2着馬は3角手前から一気にまくって4角先頭から粘り込みという、なかなか見ごたえがある内容。
これは2着馬に乗ったベテランのパクウルムン騎手がいい判断でしたなあ。

最終10Rの2級戦(1400m)は、ロックハートテン産駒の2番人気馬、ダイシャンが勝利。49歳の大ベテラン、チョンピョンス騎手が早め先頭から押し切るという内容でした。
ちなみに1番人気馬は、パクウルムン騎手の騎乗で7着……。重賞で2着に負けたショックが尾を引いていたのかしら……

続いて釜山競馬の成績……ですが、なんといっても日曜日のできごとが……(>_<)

第4レースの国産4級戦(1600m・8頭立て)で、単勝1.4倍に推されたヨンウンボルトが大差のビリケツに敗れたことでドロドロ親父たちが暴れ、第5レースの2級戦(1400m)、第6レースの1級戦(2000m)が実施できなくなってしまったのですよよよ。
第6レースでは、小山騎手が韓国初勝利を挙げた時のパートナー、ヘバに乗る予定だったのに……

どうやって暴れたのかというと、ドロドロ親父たちが本馬場入場路を占拠したというのが公式記録。地下馬道がない造りがアダとなったようですな……。本馬場入場路の写真はこのPCには入っていなかったので、また今度ということでひとつ。

ちなみに騒ぎの原因となった馬の鞍上は、藤井騎手。どうやら鞍ズレでまともに乗れなかったらしいのだけれど、こんなんになるなら落ちたほうがいいのかよって話になるよなあ。そうじゃないことは間違いないんだけれどさ。
この先、ドロドロ親父の騒擾案件が多くなることはなんとか避けてもらいたいものですわ。
けど、釜山競馬場は本馬場入場路と業務エリアまでが近いので、ドロドロ親父どもがどのくらいの場所まで侵攻してきたのか、ちょっと気になるところではあります(^_^;)
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.