でいりーじょぶ
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
すっかり春ですね~
3月下旬から2歳馬の取材で牧場に行き、編集作業も担当しているのでライターから送られてくる原稿をまとめ、その合間に佐賀競馬場で2歳馬を売り……

という日々で、ここ2週間はだいたい4時間睡眠というのが平均値。神経を使っているせいか、歯が痛くなってきましたわ。2年前の春と同じ症状ですな。そのときは5月のロケ中に牧場でもらった馬用の痛み止め(錠剤)を飲んで、その後も続いたハードスケジュールをクリアしましたわ。無理すると体に堪える年齢になっているのよね……(T_T)

今年もそういう状況は変わらないわけで、現状でも宿題やら何やらは大量にある。あるのだけれど、少し気分転換で更新しようっと。ここ1ヶ月ほどはそういうスケジュールだったため、しばらく文字ばっかりだったから、写真を載せたいし。そうなのよ。もう春なのよ。プロ野球シーズンが始まっているのよ。

今年はktウィズが新たに加盟して、韓国プロ野球は10球団。ただ、1リーグ制というのは弱小球団にとっては厳しいところ。開幕から1ヶ月弱が経過した4月24日時点で、ktが3勝18敗という千葉パイレーツも真っ青という成績で、地平線を這いつくばっている状況になっとります。

先日、kt戦のテレビ中継を見たら、20年前の9月の消化試合をやってるパ・リーグみたいな客の入り。ktの選手は精神的にキツイだろうな……

さてさて、個人的にまだ行ったことがない球場はたくさんあるのよね。ネクセンヒーローズの本拠地、木洞球場にも行ったことがないのだけれど(横は通ったことがある)、木洞でのプロ野球は昨年で終わりだと思っていたのよ。というのも、木洞からそんなに遠くない場所に、韓国初のドーム球場ができて、そちらに移ると聞いていたから。

でも、昨年末の新聞記事では、どーもそういうことにはならないらしい。なんだろな? ということで、高尺洞(コチョクドン)のドーム球場に行ってみることにしたわけですわ。ちなみに行ったのは1月下旬。

川の反対側から球場を見ると……
P1070560.jpg

絶好調で重機が稼働しとるやんけ。今シーズンからの使用は絶対無理だな。
橋を渡って近づいてみると、
P1070563.jpg
うーむ、完成まではまだまだ遠そう……

その近くには完成予想図と工事概要が書かれた看板があった。
P1070569.jpg

1月下旬の時点でこんな状況なのに、工事期間が2月28日までって、まず間違いなく無理やん。納期に間に合わすことを是とするこの国の精神を全うすると、おそらく屋根が崩落するとかすんごい大惨事が発生しそうだわ。つーか、だいたいなんで2009年から工事を始めて、まだ完成しないのか?
もともと屋根は全体の半分程度、という予定だったのが、この国にありがちなトップダウンのごり押し命令でドーム球場に変わったという経緯はあるらしいのだけれど、それにしてもな感じですわ。敷地面積が少ないから、駐車場は500台しか入らないみたいだし。ま、東京ドームも駐車場は少ないけれど、ここは都心というわけじゃないからなあ。

敷地外周を歩いていくと、おそらくホームベース後方の外壁では、アルミパネルを貼る作業中。すんごい手作業でビス打ちしているのがよく見える。けっこうデンジャラス……
P1070582.jpg

隣接する小学校からは、1塁側のまだ壁ができていないところも見えた。うーん、もう少し土地に余裕がある場所に作れなかったんかいな。ワールドカップスタジアムの横とかさあ……
P1070580.jpg

でも、作り始めてしまったものはしょうがない。なんでも新聞記事によると、ここに野球場を作るという計画は、70年ぐらい前からあったんだって。でもそのころは韓国にプロ野球はなかったし、球場に大きい観客席を作る必要もなかったわけだから、それをそのまま現在にあてはめるのはちと無理があるよね(^_^;)
という事情があるので、野球開催時の収容人数は2万2千人程度とのこと(看板には観覧席=22258席と書いてある)。あとは音楽関係などのイベントでどのくらい使われるかでしょうねえ。
年末の「歌謡祭」的なテレビ番組の収録では、光明競輪場(ドーム)が使われていたし、大箱という観点からはイベント業界から歓迎されるかもしれんですな。

kocheok.jpg
国鉄京仁線(地下鉄1号線から直通)で九一駅から徒歩10分ぐらい。ソウル駅から九一駅までは20分ぐらい。
てか、この地図には「6月予定」と書いてあるぞ。本当にその日程で完成するのか???
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.