でいりーじょぶ
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月最終週の韓国競馬
すっかり遅くなりましたが、4月最終週の結果のおさらいを。

4月25日(土)のソウルのメイン10Rは1級戦。
ハナ+ハナの接戦を制したのは、4歳牡馬、レーティング2位(57.5kg)で5番人気のミレヨンウン(未来英雄)。2着が4歳牝馬、2番人気(55.5kg)のビッチジョンサン(光の頂上)。で、3着が3番人気、4歳セン馬のチェガンシルロ(最強シーラー←意味がよくわからんのですが)。

6月7日のトクソム盃(G3)には日本からエスメラルディーナとローブデソワが出るという運びになっているようですが、ビッチジョンサンが対抗する候補になるのかな?
昨年のJRAトロフィー(1200m・特別戦)を制した実績もあるし。

4月26日(日)のソウル10Rの1級戦(1800m)は、3番人気のチョンマ(天馬)が1級戦初勝利。父ラングフールの米国産4歳セン馬で、昨秋の大統領杯では6着に入った実績も。今回は後方から大まくりを打って勝利と、今後もハマれば一発、というところは見せたのかなという感じでした。

4月26日(日)の釜山メインは2000mの1級戦。レーティングトップのサクセスストーリーが逃げ切り圧勝で1番人気に応えました。これで4連勝だけれど、今回の斤量が54.5kgだったし、まだあと平場の1級戦を2勝ぐらいできそうだな。。。
というか、ヒラの1級戦は今の2/3でいいような気がする。。。

とりあえず簡単ですが、4月まで終了ということで
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。