でいりーじょぶ
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
闘牛場に牛券を買いに行く!
いままで、馬券、車券、舟券、犬券を買ったことがある私(あと、野球券とサッカー券もありますが)。

世の中で売られているバクチの紙券は、それ以外にはおそらくないだろう(ブックメーカーは別にして)と思っていたのだけれど、じつはそれ以外にも売られていると知ったのが、今年の冬。

それを知ったのは、シンガポールで発行されている資料を読んだのがきっかけ。シンガポールでは昨年から韓国の馬券を場外発売しているのだが、その経緯を記した資料に「シンガポールターフクラブは韓国で運営されている競馬、競艇、競輪、闘牛といったなかから、競馬を選択した」という記述があったのである。

闘牛?????

なんじゃそりゃと思い、ちょっくら検索をかけてみると、韓国では南部のほうを中心に闘牛がけっこう行われているらしい。でもそういうのは、たとえば日本でも新潟の小千谷とかで実施されている、お祭りのようなもの。
この闘牛というのは、つまり公営競技としての闘牛ってことだよなあ……?

それをさらに検索してみると、おお、バクチありの闘牛を主催している団体のHPを発見!!
しかし、それをチェックしてみると、1月は施設改修工事のために休催しているとのことだった。でも、2月からは毎週土日に開催する模様。で、春になって改めてHPをチェックしてみると、おお、やっとるやっとる!

1日に10試合のプログラムで、各試合の最終オッズまで表示されている。賭け式は、単勝、時間単勝(試合時間と勝ち牛を当てる)、そこまではわかったのだが、複単勝というのがよくわからん。オッズの計算も合わないし……

というわけで、こりゃ一度は見に行かねばならんな、ということで行ってきましたですよ(*^^*)

場所は釜山と大邱の間。最寄り駅は清道(チョンド)らしい。一応、地図で確認したが、駅からどうやって行くのかがわからんちん。けっこうな田舎みたいだし。
cheongdo_map.jpg

突撃した日は釜山近郊を朝5時半スタートというスケジュールだったので、亀浦駅に7時前に着き、30分ほど待ってムグンファ号に乗ってチョンド駅で下車。まあなんというか、東福島駅みたいなたたずまいの2面4線で、まさに田舎の駅ですよ。看板と車両さえ見なければ、まったく日本と変わりなし。
ホームから跨線橋を渡って階段を降りると、牛さんがお出迎え。
cheongdostn.jpg

さらに駅舎の奥にはセマウル号の先頭車両(機関車)があったので、それもついでに見に行ってみる。
semaul.jpg

写真はちょっとガラスの反射がきつかったが、どうやらワンハンドルマスコン?
driveunit.jpg

駅舎の並びには、清道の両班の家を再現した展示物もあった。つか、このIME、やんばんと打って変換したら両班って出たわ。語彙が多いのか、それとも半島系なのか?
yanban.jpg

さて、寄り道はこんなもんにして、駅前に出てみよう。ちなみに第1試合の開始は11時20分。しかし現在時刻が8時すぎなのでダラダラしていたわけですね(^^ゞ
会場の隣にある「闘牛博物館」は9時オープンらしいので、まずはそれを見学してからというスケジュールで行きましょう。ですが、この日は夜にソウルで野球を観るので、第1試合が終わったら撤収する予定となっております(汗)
cheongdo_stnhouse.jpg

しかし駅前の観光案内板には、闘牛がフィーチャーされているものの、行きかたとかの案内が皆無……
しかも、ここで闘牛(韓国語の発音ではトゥウ)ではなく、「ソサウム」と言うことを初めて知った……。マジっすか。闘牛場=トゥウジャン、じゃないんかい。というわけで、「ソサウムキョンギジャン」という単語を頭に叩き込む。おっさんなので、なかなか覚えられないのだけれど(^^ゞ
tougyukanban.jpg

さらにもうひとつある清道郡の観光案内看板にも、ソサウムキョンギジャンのおおまかな場所だけで、行きかたには触れられておらず……。
こりゃタクシーか? と思って駅前通りに目を移すと、タクシーが2台。バスも停まっていたけれど、どうも路線バスじゃないっぽい。
cheongdo_map2.jpg

でもいきなりタクシーじゃつまらんので、バスを模索してみよう。で、駅前通りをプラプラ歩いていくと、偶然たまたまバスターミナルを発見!
バス待合室に入って、券売所のおじさんに「闘牛場に行きたいんですけど」と言うと、8時25分発だと。えええ? 今、8時25分やんけ!
1300Wの乗車券を買ってすかさず乗り場に行くと、ちょっと遅れているらしかった。ラッキー。でもバスはすぐに来たので、バスターミナルの写真はありませぬ。

バスの運転手さんに「闘牛場まで」と言ってから乗り、発車後には「このバスはどこ行きなんすか?」と聞いておく。すると、大邱行きだよ、と。おお、それなら帰りはこのバスにまた乗ればいいんじゃないの!
P1080312.jpg

ということで、帰りの心配が少し減ったのがありがたい。バスは田舎道を走り、およそ10分で闘牛場前に到着。
しかしバス停には、いま乗ってきたバスの時刻表が貼られていない……。そりゃ困るやん……
P1080313.jpg

P1080314.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
闘牛
バクチも含めてなかなか面白かったですよ(*^^*)
ただ、闘牛は韓国内でもあまりメジャーなイベントではないようですね……
2015/06/17(水) 00:54:53 | URL | polestar21 #JOOJeKY6[ 編集]
闘牛
この闘牛の写真がソウル市庁の駅に貼られていていつか見に行きたいと思っていたのですが、すっかり忘却していました。^^;
これって、賭けの対象にもなっていたのですか?!この後の戦いの様子が気になります!
2015/06/14(日) 14:02:41 | URL | seoulmiki #SIR.BgG2[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。