でいりーじょぶ
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
闘牛場に到着~♪
町内バスの時刻表しか貼っていないというテーゲーなバス停に降りたのが8時40分前。
まだ早すぎるので、周囲に人の気配がほとんどしない……。とりあえず、闘牛博物館に行ってみますか。
P1080315.jpg

さすがBSEが顕在している国、入場する車には自動で消毒液(ただの水の可能性もあるけど)が浴びせられるシステムになっている。
といっても、このスプリンクラーは日本のホルスタイン市場にもあるものですが(^_^;)

で、闘牛博物館に行ってみると、もう玄関が開いている。入ってみると、展示ルームの照明がついていなかった。受付ブースにいた兄ちゃんに何時からかと聞いてみると、9時とのこと。仕方がないので、建物前でPCを開いて、今日の夕方締切の原稿をやっておく。スキあらば仕事して、遊ぶ時間を捻出できる現状はありがたき幸せ~(*^^*)

つい9時15分ぐらいまで仕事をしてしまった。さて、入ってみましょう。客は当然、私だけだけど、まあぜいたくな造りですわ。
「チョンド・ソサウム・テーマパーク」が全体的な名称らしい。
P1080319.jpg

まずは牛の進化の歴史から。
P1080320.jpg

さらに、清道の闘牛の歴史がプロジェクターでインタビュー映像とともに説明される。何を言っているのかよくわからんが……
続いて、牧歌的な雰囲気が漂う闘牛のジオラマ。
P1080323.jpg

闘牛ゲームもあって、たぶんwii2みたいな動きで戦うんだろうな~ということでやってみたけど、1名では勝負になりませぬ。
sossaumgame.jpg

こちらはゲームというか、どんだけ引っ張れますか~という施設。たしか100kgは出たはず……
chikarakurabe.jpg

なかなか迫力がありますなあ。
P1080327.jpg

これでおおむね1階の展示物は終了。続いて2階にレッツゴー。
musium2f1.jpg

なんとなく博物館っぽい雰囲気。説明文は最近の闘牛に関するものが多い。それはいいけど、あのー、牛さんに通常の穀物類のほかに、保養食として、ナマのタコとか鹿の角とか食わせているんですか……。朝鮮人参はわかるけどさ(´・ω・`)
P1080332.jpg

さらに進むと、闘牛場のことに関する展示物が。こちらが全景。
P1080335.jpg

けっこうでかいですな。敷地面積は8万平米弱。鉄筋コンクリート造りで、闘牛場の広さは1万4千平米弱。近隣生活センターも敷地内にあるらしく、バクチ場を作るときは地元対策がやっぱり必要なのね……と改めて。

その並びには、おお、賭け方に関する展示物が!!!
こちらがマークカードの見本。なーるほど、よくわからんかった複勝式というのは、2つの試合の勝ち牛を連続して当てるという賭け方だったんか~~~
P1080339.jpg

こちらの説明文をしっかり読んで、バクチのルールをお勉強。
P1080340.jpg

賭け方は少ないから簡単だけれど、これはけっこう特殊なバクチだな\(^o^)/
時間単勝のルールもチェック。試合時間が5分以下、5分1秒~10分、……と区切られていて、30分1秒を越えたら引き分け。てか、そんなに試合時間が長くなることがあるんかい???

続いては世界の闘牛についての展示。
worldtougyu.jpg

そーねえ。闘牛といえばスペイン、ポルトガルだよなあ。そこは違う色のシールだわ。あと、フランス、スイス、トルコ、UAE、オマーンっすか。インドネシアのカリマンタン島(ボルネオ島)でもやっとるんすか?
アメリカはロデオか。あれも闘牛の一種ですわな。てゆーか、オイ、チョット待てやコノヤロー。

asiatougyu.jpg

竹島で闘牛なんかやってないっつーの。このバカ!!!
何でも竹島を関わらせるな、ボケ!!

しょーもなーなところはこの国の特技だから、あきれるというか、もうバカは放っておくべやという気分(-_-;)
……………前の展示物に「国からの補助金を得て」という記述があったから、コイツらが役人たちにゴマをするために竹島をわざわざ地図に追加したのかもしれんな……"(-""-)"

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。