でいりーじょぶ
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
ソウル南東部の牧場を訪問♪
もともとソウル南東部の利川(イチョン)市で野球を観る予定があったところ、6月の競走馬市場で知り合ったかたの牧場がそこから車で20分ぐらいのところにあったので、午前中は牧場→午後は野球というスケジュールに決定♪

というわけで、ソウル江南地区から車でだいたい1時間のところにやってまいりました。

牧場の名前は「チャンピオン牧場」。「そんなに広くない牧場ですよ」とのことだが、さてさて、どんなところにあるのかな?
champion.jpg

とくに迷わず到着して、まずはご挨拶。野球の時間があるのであまり長居はできないこともあり、サクサクと見学を始めさせてもらいます(^_^;)

厩舎が2棟で25頭ぐらい収容できるかな。あとは小さいパドックが5個ぐらいと0.5haぐらいの放牧場が2個、それにウォーキングマシンが1個という陣容だから、確かにあまり広くない。というか、生産牧場としては北海道と比較すると劇的に狭いっす……
champion1.jpg

牧場主のキムヤンホさんが言うには
「ここは昔、貴族(=両班)の別荘だったんですよ」
とのこと。確かに植えられている樹木にはそんな雰囲気が漂っていますなあ。

さて、ここのメインイベントはエアシェイディの見学。
父サンデーサイレンス、母エアデジャヴー。有馬記念で2年連続3着は金字塔ですね。馬券も取らせていただきました(*^^*)
でも重賞タイトルはAJC杯だけなのね。とはいえ、重賞で2着8回はすごいわ~。総獲得賞金は5億7千万円あまり。

というタフネスホースは、2010年の天皇賞(春)を最後に引退。そのあとは縁あって半島に渡り、この牧場に来て種牡馬生活を送っている。ちなみに現在14歳。
babou.jpg

てか、日本ではすべて芝に出走した馬が、ダート適性が高い馬を送り出せるのかしら?

とは思うのだけれど、まだしっかりと結果が出ていないのだから論評はできませんな。ではエアシェイディ……と思ったら、いきなり牧場従業員が馬体を洗い出した。
「きのう、洗っておけって言っといたんですが"(-""-)"」
と、牧場長は怒りつつ馬体洗浄。ボケっと見ているのもナンなので、私も手伝いましたわ。水切りとブラシを持って首から脚元、蹄を洗ったけれど、張り場がないからちとやりずらい。ともあれ、サラッと洗ってから写真撮影しますか。
airshady.jpg

うーん、もう少し背景が広いところのほうがよかったか。でも順光を選ぶとこれが最良だったかなあ。初めて来た場所でもあったし(^_^;)

エアシェイディはきわめておとなしく、力技で脚の位置を動かしても問題なし。ただ、こちらもそんなに気合を入れて撮らなくてもいいか、ってな気分だったので、ちょっとトモが狭い姿になっております(前も広い……汗)

ここには先日のセリに出ていた母シノベルベットの2013の、ふたつ下の全弟が。シノベルベット自体が父アフリートの静内生まれなので、半島生まれでも血統構成は日本ですな。しかしこの敷地では離乳したら他の牧場に連れていかないとダメだし、けっこう運営はむずかしいかも?
(つづく)
shinoberbetto2015.jpg
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.