でいりーじょぶ
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
11月最終週のソウル競馬・2歳王者決定戦!
11月28日(土)のソウルは全13R。
日本で天皇賞(秋)を勝っているニコラ・ピンナがソウルで短期免許を取ったのだが、最初の2週間が1日1クラというありさまで、
そして21日と22日が騎乗停止。こりゃたまにある韓国にやさぐれていきなりからヤル気ゼロになった……

と思いきや、28日のメイン12R(1200m)の1級戦で3番人気のビッチェジョンサンに乗って勝ってるやん!

この日の前半のレースでも勝利しているから通算2勝。やっぱりさすがに腕はありますな~。
あとはソウルの寒さに耐えられるかどうかですな(^◇^)

日曜日は10R制。9Rの1級戦(1800m)は、ハンラチュッチェが久々の勝利。
前走は11月1日の慶尚南道知事杯に遠征、前々走もKNN杯に遠征していたのだけれど、
今回の馬体重はプラス20kgで、デビュー以来の最高重量。
しかし不良馬場(含水率16%)で逃げ切り勝ちと、展開も味方につけてという勝利はおみごとでした。騎手はイ・ヒョク。
ただ、ハンラチュッチェは冬のほうが走るという感じの成績なので、これからの時期は見かけたら買いかもしれんですな。

で、日曜日のメインは7Rのブリーダーズカップ(内国産限定2歳・G3・1400m)
これが韓国における2歳王者決定戦となっておりまして、出走11頭のうち5頭が釜山からの遠征馬。

というわけで、釜山所属馬は輸送競馬が初めてとなるわけなのだけれど、1着と2着は釜山所属でございました。

1着 (釜)パワーブレイド 牡2 キムヨングン騎手 1分24秒6(不良) 1番人気
2着 (釜)バンジウィジェワン 牡2 チョソンゴン騎手 2馬身1/2 6番人気
3着 ウィノスグロリー 牡2 ムンセヨン騎手 4馬身 5番人気

このレース、アドマイヤドン産駒のチョンジストム(ソウル所属)が2番人気に推されていたのだけれど、残念ながら8着。
2戦2勝で臨んだものの、時計は前走とほとんど同じ……ということで、この先がちょっと気にかかりますです(>_<)

勝ったパワーブレイドは、大人気種牡馬のメニフィー産駒で馬体重も500kg以上。というプロフィルなら、来年のダービー馬候補といえそう。覚えておきましょう←個人的なメモ
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.