でいりーじょぶ
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
12月第2週はグランプリ
ここのところ、韓国版の有馬記念(ファン投票はやってないけど)である「グランプリ」は12月の第2週という日程。
つまり香港國際競走と同じ日にやるわけですね。
4年ぐらい前は、仕事のためにグランプリ当日の朝に日本に帰国。そして今年は香港に行ったもので、またまたグランプリは見られずということになりました。
まあ、個人的事情はしょうがないということで……

というわけで2300mで実施されるG1は、今年から賞金総額がアップ。大統領杯と同じで総額7億ウォンとなりました。浦和記念よりも多いですね(*^^*)
出走馬はフルゲートとなる16頭。しかし単勝万馬券は4頭だけと、わりと混戦という感じだったようですな。

1番人気は今年のダービー2着、秋の大統領杯を制したトリプルナイン(釜山)で2.4倍。
2番人気は昨年4着、しかし今年は4戦4連対のクリンナップジョイ(ソウル)で、4.6倍。
3番人気は今年3月のデビュー戦から6連勝中のボールドキングズ(釜山)で、6.6倍。

ちなみに2番人気と3番人気は重賞未勝利。2番人気のクリンナップジョイはゲート難で外枠申請→大外枠から発走となっておりました。さてさて、これなら波乱の要素もありますな。

16名の騎手のなかには日本人が3名。
倉兼育康騎手は9番人気のクムポスカイ(釜山)。
岡部誠騎手は11番人気のヘバ(釜山)。
富沢希騎手はビリ人気のチョンジェボゴ(釜山)に騎乗。

あと、釜山で10月から騎乗を初めて絶好調のパスクァレ・ボレリ騎手(イタリア)が5番人気のカムドンウィパダに。
ベロヴィッチ騎手が13番人気のオンビターブルーに乗っておりました。

さてさて、韓国では年に2回しかない長距離戦(両方とも2300m)。4コーナーの奥からスタートして、外回りコースを走るので、
多くの騎手はペース判断に苦しむと予想。1800m戦は1~4コーナーは内回り→最後の直線は外回りなのでねえ。

となると騎手の腕が結果に大きくかかわってくる……はず?

というグランプリの結果は、

1着 ボールドキングズ(牡3) 2分27秒4 チョソンゴン 3番人気 
2着 クムポスカイ(牡4) 首 倉兼育康 9番人気
3着 クリンナップジョイ(セン4) 1/2身 ハムワンシク 2番人気
4着 トリプルナイン(牡3) 3/4身 チェシデ 1番人気
5着 クリンナップチョナ(牡4) 首 イチャンホ 7番人気

では払い戻しです。

単勝6番 660ウォン
複勝1着6番 280ウォン
2着11番 770ウォン
3着16番 140ウォン

馬連6番11番 14430ウォン
馬単6番から11番 20210ウォン
ワイド6番11番 3280ウォン 6番16番 690ウォン 11番16番 2150ウォン
3連複 6番11番16番 23860ウォン

以上でございます。

うぉぉ~(>_<)
倉兼騎手、チョー惜しい~~~(>_<)

これで万馬券っすか。行ってたらおそらく取れていたよなあ。。。
でも、あたしゃ香港に行ってエイシンヒカリ&ヌーヴォレコルトの馬連万馬券を買っていなかったから、買っていなくてクヤシイということになっていたかもしれんけど……

倉兼騎手のクムポスカイは韓国産馬(父はビカー)。母のパーフェクトストームはソウルで走って29戦3勝。2級がカベになっていたという成績で、この馬が第3仔。
大統領杯5着からの転戦で、キムドンヨンからの乗り替わりで倉兼騎手……惜しすぎるにもほどがある(T_T)

でも、さすが倉兼騎手と前向きに捉えましょう。
岡部騎手は7着、富沢騎手は8着。それぞれ人気よりも上の着順でした。

年末の韓国競馬は、ソウルが18日(金)から20日(日)までの3日間開催で終了。
釜山がその3日間がお休みで、25日(金)から27日まで3日間開催。
済州は毎週金土開催というスケジュールになっているので、渡韓される方は日程にご注意を。

ちなみに年明けは1/2(土)がソウル9R、釜山6Rでの開催。
3日(日)はソウル10R、釜山6Rで開催するそーです。チェジュはお休み。
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.