でいりーじょぶ
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
余裕で三冠達成
というわけで、14時20分に発走した3歳三冠最終戦の「農林畜産食品部長官杯」。

どう考えてもパワーブレイドの力量が断然なのだけれど、単勝は1.3倍もつきまして。
ディープインパクトの菊花賞くらい、堅いんじゃないかというのが私の見立てだったのですが、
そのとおりの楽勝で三冠達成となりました。



個人的に相手筆頭に期待したオットゥオットゥギは、チェシデ騎手が果敢に攻めていった分、負けたかなあという感じの4着でした。

第16回 農林畜産食品部長官杯(G3) ソウル2000m(2Cで外回りへ) 不良 8頭

1着 パワーブレイド(牡3) 2分7秒7 キムヨングン騎手 キムヨングァン厩舎 1番人気
2着 チェタバイト(牡3) 7馬身 イムソンシル騎手 イムグンマン厩舎 3番人気
3着 ペダリボベ(牡3) 4馬身 イソンジェ騎手 ユチュンヨル厩舎 6番人気

単勝 7番 130W
馬連 7-8 380W
馬単 7→8 470W
3連複 6-7-8 2440W
3連単 7→8→6 4310W

複勝、ワイドにつきましては(以下省略)

パワーブレイドは父メニフィー、母チョンマチョン(母の父ロストマウンテン←コックスリッジ直仔)という血統。
これで9戦7勝2着2回なので、次は古馬相手でどんなもんでしょう、というところに注目ですなあ。

韓国の三冠レースは、釜山がオープンした2008年以前は、トゥクソム杯、ダービー、農林水産食品部長官杯(当時の名称は農林部長官杯)だったのだけれど、
それ以後は1冠目が釜山のKRAカップということになった。
「ソウル三冠」最後の2007年は、チェイエンスホールドが三冠馬に輝いたのだけれど、
現在のレース形態になってからは初めての三冠馬ですよ。すばらしい~

ちなみにダービーと農林水産食品部長官杯の2冠を制した馬には、2012年のチグミスンガン(イングランディーレ産駒)がおります。

という快挙となったわけですが、現地の報道(スポーツ新聞)はどんなもんだったのかなあ?
専門誌には記事があったけど……
http://news.krj.co.kr/news_synthesis/news_synthesis_view.phtml?category_id=601002&mode=read&view_id=20160001994

さーて、第6レースに実施された重賞レース。その売り上げは
43億7785万9300W

その次のレース(7頭立て……)は、45億9600万Wあまりなので、
残念ながらド平場の4級戦に重賞の売上が負けたということになりますた……(T_T)

ちなみに最終10R(2級戦)は、59億6500万Wあまり。例によって、きれいな右肩上がりのグラフでございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.